読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録 暇を 持て余した 神々の 遊び

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

ミカエルとのお話 そのいち

Chrについて スピリチュアル 神様 ミカエル

何だか書かなきゃいけないらしいから

ボチボチ書いていこうかな うん

 

f:id:MUCU69:20161129210854j:image

 

これは …確か今から約2年半前だったか…に
初めてミカエルと出逢ったお話

 

 

元旦那さん(旧)と桜坂のお家へと上り坂を歩いてる時
不意にわたしの右側にイケメンが表れてだね

 

その頃は色とか形とかは見えてたけど
人を見るってのは初めてでビックリして
隣に居た元旦那さん(旧)にも確認したら
やっぱりイケメンが居るんだよね

 

その金髪サラサラストレートロン毛のイケメンに
一体誰なのかと尋ねたらば
静かな優しい声で「ミカエルです」と
これまたイケボで返されたのです

 

…はて??
その当時のわたしは自分が多少見える様になったものの
まだまだアンチスピリチュアルで
天使の名前なんて全く知らない訳です

 

わたし「ミカ…??」
ミカエル「ミカエルです」
わたし「人の名前しかも片仮名は覚えられないよ」「ミカちゃんで良いよね」
ミカエル「ミカエルです」
わたし「ミカちゃん」
ミカエル「…ミカエルです」
わたし「ミカちゃん」
ミカエル「…ミカエルでs」
わたし「ミカちゃん!」
ミカエル「…ミカちゃんで良いです」

 

こうやって今に至るまで
わたしの中では「ミカ(ちゃん)」なのです( ´ ▽ ` )

 

わたし「ミカちゃんは何なの?ただのイケメンなの?」
ミカエル「天使です」にっこり
わたし「羽無いよ」
ミカエル「出せますよ」

 

背中から生成りの綺麗な大きい一枚羽を出して見せてくれた
これは確かに天使らしい

 

わたし「けど邪魔ね」
ミカエル「…」