読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録 暇を 持て余した 神々の 遊び

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

ミカエルとのお話 そのに

 

当たり前の疑問が湧いた
そのイケメン天使がわたしに何用だと
「ミカちゃんは何でわたしのとこに来たの?」と尋ねると
ミカエルはスッと何処からともなく天秤と剣を差し出して来た

 

わたし「これ…天秤…ジャッジ?裁くの?わたしを?」
ミカは静かに顔を横に振り
そして「あなた"が"です」と
綺麗な青い瞳でわたしを真っ直ぐに見てそう答えた

 

わたし「わたし"が"?何を?誰を?」
ミカ「世の中を」「人を」
わたし「それってどういう…」
ミカ「要る 要らない です」

 

わたしは意外と冷静だった
そもそも天秤を見て何故直ぐにジャッジだと思ったのか
それは良く分からない
もう知ってたのかもしれない

 

剣について訊こうと思った
と同時にウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神 La Liberté guidant le peuple』が頭の中に浮かんだ
わたし「…先陣切る特攻隊長って感じか」
ミカ「ジャンヌダルクですね」

 

f:id:MUCU69:20161129211706j:image

 

何だか凄く重要な役割であるだろう事は
別に天使を知らないアンチスピリチュアルなわたしでも分かった
ミカはただ淡々と喋り
わたしも淡々と聞いているだけだった

 

実際は話してると言うより
テレパシーみたいな感じだった様に思う
わたしは声は出していないし
答えは聞く前から分かるのだから


f:id:MUCU69:20161129211650j:image

 

 


これから先はいつ書けるか分からない
2年半も前の事だから
鮮明には覚えてない
今迄のも会話の詳細はうろ覚え

 

書かなきゃいけないらしい
ずっと無視してたから急かされてるw
今年中!?後1ヶ月だよ!?
来年上半期には…ぁ 今年度中に…です…ね…はい