実録 暇を 持て余した 神々の 遊び

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

わたしはわたしのままで良い 何をしても何をしなくても良い それが本当の意味での『自由』だ

 

 

 

『変わる』って言うと
大きくガラッと一気に!ってイメージしてしまいがちかもしれない

 

だけど自然はそんなに急には変わらない
徐々に 徐々に

 

雨水が岩を穿つ様に
草木が芽吹いて枯れて行く様に

 

毎年同じ様に季節は巡れど
同じ日々はもう来ない

 

わたしは何か自分を変えなきゃいけないと思ってたみたい
そして焦ってた

 

『出来る事』と『しなくちゃいけない事』と『したい事』と『やるべき事』は違う
特に不安感を持つとごちゃごちゃぐちゃぐちゃになる

 

何がそんなに不安なんだろうか
人間には恒常性があるので
そりゃ変化するのは怖いのだ

 

だから一気に!なんて変え様としたら
元に戻ろうとする恒常性が働く
命として当たり前の事

 

だから徐々に 出来る事から
半歩でも良い そのまた半分でも良い

 

退いても良い 止まってたって良い
それは今のわたしという生命体に於いて最善だ

 

やりたい事が多過ぎて大き過ぎて
わたしはきっと焦ってたんだなぁ
もう時間が無い

 

自分が何か大それた事を成し遂げる素晴らしい人物だなんて思ってもないけど
何かしなくちゃいけないと思ってた
必要とされない人間なんて価値が無いから

 

まぁ それも全てわたしが勝手に思ってるだけの幻想に過ぎないのだけどね
とは言え世界はわたしの思い通りだ
寸分の狂いも無く完璧に

 

だから余計に焦る
他人の深層心理は読めるのに
自分のものは出来ないからやっぱり自分はラスボスなんだろう

 

卵が孵化していきなり鶏は産まれないのだよ
よちよちぴよぴよして 餌をついばんで
そしてやっと鶏になる

 

当たり前の事なんだけどね
そんな当たり前の事が分からなくなる位には混乱してたみたい

 

あー もう
混乱終わり!十分うじうじしたわ!
約束も破って一週間引きこもってましたからね!

 

何故か結構「意外」って言われるんですが
意外と人間臭いのです
だって人間だもの

 

わたしはわたしのままで良い
何をしても何をしなくても良い
それが本当の意味での『自由』だ

 

さぁて この地球で何して遊ぼうか

 

f:id:MUCU69:20170627093549j:plain

 

去年の記事

このブログにも載せてるけどね

再掲

去年のわたしは格好良いな