実録 暇を 持て余した 神々の 遊び

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

絶対的なものなんて何1つとして無い

絶対的なものなんて何1つとして無い

 

この宇宙も地球も人も生きていて
死んだものはリサイクルされている

 

生きている以上動的であり
全ては流動的なれば
確固たる何かは存在しない

 

善も悪も
可も不可も
戦争も平和も
有も無も

 

線引きは何処でしているのか
判断している己で引いたものでしかない
ジャッジしているのは自分
全部自分で決めた事
認識していなければ存在しない

 

さすれば認識してる己の存在は絶対的か?
この身体を形成してるであろう細胞は常に新陳代謝を繰り返し
一時前のそれとは違っている
不変では無い
今の自分が自分であるならば
その一時前の自分は何なのか?

 

本当は自分という存在すらまやかしにしか過ぎず

全てに境なんて存在しない

流れの中で自分が認識している自分であろうものが自分であり

そう脳が認識しているから自分が存在していそうに感じている

その感覚は本物か?

脳が作り出した偽物か?

絶対的なものなんて何1つとして無い

 

 

f:id:MUCU69:20160710215121j:image

 

というメッセージを受信しましたとさ

混じり合う色

線のある円

だけど1つの円にも見える

境は在るのか?