白魔女ちひろ の 白魔術研究所

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

わたしは一人でだって生きていけると思っていた わたしは一人で生きて行くつもりだった

 

 

 

 

大変だ

東京へ一人で行く事となりました

 

結婚する3年前迄産まれてからずっと福岡に住んでいて

24歳くらいからほぼ毎月一人で通っていた東京

しかし3年前からは何処に行くにも夫と一緒で

一人で何処か行くなんて久し振りで

 

新幹線乗れるだろうか

ホテルに辿り着けるだろうか

会場迄辿り着けるだろうか

翌日の予定は何時に何処だろうか

 

何をするにも夫に頼っている要介護系女子なもので

元々向いてないであろう プランニング というものを手放してしまって

 

まだそのシナプスは存在してくれているのだろうか

同じ日本で日本語通じるから大丈夫でしょう

 

f:id:MUCU69:20190415120836j:plain

クレッシェンド型大吉らしいから問題無いね!

 

わたしは一人でだって生きていけると思っていた

わたしは一人で生きて行くつもりだった

 

何も持ってないからこそ捨てるものは何も無く身軽で何処にだって行けて

何でもない自分だからこそ何かになれる可能性があって

 

でもそうじゃなかった

いつの間にかそうじゃなくなってしまった

 

一人じゃ何も出来なくなってしまったし

一人じゃ何もしたくなくなってしまったし

 

自分の先に死んで欲しくない人が出来て

自分が死ぬ訳にはいかない理由が出来て

 

それを「弱くなった」と言うのだろうか

少なくとも「強くなった」とはまだ言えない

 

f:id:MUCU69:20190415111711j:plain

 

東京で僕と握手!