実録 暇を 持て余した 神々の 遊び

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

自分を蔑ろにしてる暇は無い 自分を安売りしてる場合じゃない

 

 

 

★命はなまものにつき★

 

一瞬一瞬が
わたしの生きる貴重な時間

 

後何日…何ヶ月…何年生きるか分からない
そしたら
わたしはわたしの好きな人と居たい
わたしはわたしの好きな事をしたい

 

損得だけの為に誰かと居る必要なんて無いし
わたしを大切にしてくれない人と居る事無いし

 

自分を蔑ろにしてる暇は無い
自分を安売りしてる場合じゃない

 

わたしが勿体無い
わたしの身体・心・時間・命が勿体無い 

 

f:id:MUCU69:20170911001830j:plain

 

2年前の投稿

 

この頃のわたしは

何を思って日々生きてたのだろう

少なくとも今より何か意志を持って生きてた感じがする