白魔女ちひろ の 白魔術研究所

〜 白魔女が 三次元地球を 遊び尽くす 物語 〜

わたしにとって『新世界』とは「何も否定せず 何からも否定されない 自分を諦めないで良い世界」

 

 

 

 

最近ワーワーしておりますキンコン西野さんの講演会の件

 

 

パンフレット作りを安請け合いしてしまった訳ですが

完璧を目指すあまりに「面倒臭い」で止まってしまったわたし

 

ヤル気はある…ヤル気はあるんだ…

だが…それ以上に面倒臭いんだ…

 

※すみませんが土はこういうところがあります

※自分のハードルを上げ過ぎて起こる駄目なパターン

 

それを見ていた仕事がめっちゃくっちゃ忙しい夫が

ま まさかの…パンフレットを作ってくれました…!

 

夫が居なかったら…わたし駄目やったぁ…死んでる…

本当に頭が上がりません…有難過ぎる(*;ω;*)神かよ

 

f:id:MUCU69:20190413205631j:plain

 

でね そのパンフレット

スタッフみんなが「自分が考える『新世界』」を書いてあるページがあるのです

 

「愛」とかキラキラな言葉が並ぶ中

白魔女ちひろ何も否定せず

何からも否定されない

自分を諦めないで良い世界

 

暗い…暗い…っ!!!

しかしわたしらしいっちゃわたしらしい( ˘ω˘ )

 

一言?で言えば「個々の確立→共生共存共栄」なんです

しかし コレはわたしにとって『今の世の中に求められている事』かなといった感じで

『新世界』というニュアンスではないのですよね

なのでしばらく何を書くか悩んでおりまして

 

そういう訳で 「星詠みを伝えてどうなって欲しいか?」を考えてみました

そして出て来たのが「自分を諦めない」

 

『自分』というのは『願望』とか『等身大』とか『生きる』とかそういう意味

『何者か』で生きるのはある意味でとても楽で

だけどそれじゃきっとずっと『自分』は救われなくって

蔑ろにしてしまった『自分』はかと言って死ぬ訳ではない

 

諦めてしまうのは

きっと周りの声や目も原因なんだよね

 

「否定せず」と「否定されない」はイコール「肯定」ではないと思うの

だから「肯定」という言葉は使わなかった

 

否定しないのは 自分 も 相手 も

否定されないのは 自分 も 相手 も

 

別に肯定されなくっても良い

受け入れられなくっても良い

 

ただ 否定をされない

ただ そうである という事

 

逆に言えば 賞賛や賛同も要らない

※あ ここはとても土的だwだから暗さを感じるのかもw

 

『愛』とか聞こえだけが良い良く分からないものも要らないし

※そもそもわたしはこの世界には『愛』しか無く

※存在しているという事は『愛』であり

※『愛』の無いものなんてこの世界には存在していないという認識

 

楽しいとか喜びとかそういうのだけじゃなく

嫉妬や憎悪も含め喜怒哀楽の感情全てが美しいと思うし

 

全ての存在がただ許されている

わたしはそういう世界に行きたいし生きたい